※「TikTok」はバイトダンス社の登録商標です。弊社の事業とは関係がありません。
That's Entertainment!

英会話学習には
「エンタメ」が一番の近道

The British Council

スワイプして、
あなたの英語を開花させる

GLOBIFY ビデオ単語帳

誕生!

楽しくてテンポが良いから
飽きさせない

swipe!

科学的根拠に
基づいた手法で

95%以上の理解度を提供

基礎となる3,000の単語を学べば、話し言葉と書き言葉の95%を理解できることが言語 学者によって証明されています。
GLOBIFYの基礎英語3,000プログラムでは、この基礎単語のさまざまな使い方を視て聴いて、ネイティブ・イングリッシュの習得力を高めます。
さらに、同じ科学的手法を用いて、以下のようなトピックにおいて最もよく使われる単語群を提供しています。

基礎英単語3000

3,000の基礎単語を学べば、話し言葉と書き言葉の95%を
理解できることが言語学者によって証明されています。

  • consist
  • wonder
  • sort
  • mend
  • scheme
  • urge
  • grace
  • impose
  • constrain
  • appease

And many more…

ネイティブ・イングリッシュを
さまざまな方向からマスターしよう

  • 慣用表現
    言語学者の研究によって、
    最も使われている定型のフレーズです。
    • up in the air
    • in the wake of
    • down the road
    • up for grabs
    • so on and so forth
  • スラング
    いわゆる俗語のことで、
    教科書に載らないような砕けた表現です。
    • fall guy
    • thin skinned
    • rub it in
    • zoned out
    • wing it
  • リレーションシップ
    恋愛・デートなどの様々な
    シチュエーションで使える表現です。
    • be smitten
    • eye candy
    • tie the knot
    • snack
    • shoot your shot
  • イディオム
    ことわざ、慣用句(英熟語)といった、
    教訓や格言、比喩的表現として用いられる言葉です。
    • bad apple
    • shake a leg
    • icing on the cake
    • fish out of water
    • smell fishy

忘れる前に
「間隔反復」で
記憶をサポート

GLOBIFYは最高の
アルゴリズムを搭載しています

間隔反復とは、忘れてしまう直前のタイミングで表示されることで、学習時間を最適化する方法です。
ユーザーは、各単語の動画例から最も印象的なものを選び脳に刻み込みます。さらに、その単語を忘れてしまう前のタイミングでビデオ単語帳を再表示させることで、記憶を確かなものにします。

エンターテイント × 科学的根拠

GLOBIFY ビデオ単語帳

さまざまな動画で、テンポよく繰り返し視聴し、
文脈の中で単語を理解したら、スワイプで次へ!

初月無料で始めてみる

月額500円

GLOBIFYのストーリー

「私たちは、
外国語を学ぶことの
難しさに共感しています。」

Kenneth Young
Founder & CEO

Profile

アメリカ人の父と、日本人の母の間に生まれる。

1991 バージニア大学卒業
1991~1997 アメリカ国務省で外交官​​​​​
として勤務
1997~ 株式会社アゴス・ジャパン
共同オーナー兼戦略アドバイザー
2011~ 株式会社Globify
創業者兼代表取締役社長

文法を覚えたり、つまらない文章を読んだり、面白くない会話を聞いたりするのは、退屈でやる気を削がれるし、多くの人が途中で諦めてしまいます。しかし、幸運にも、エンターテイメントの力を活用して、もっと効率的で楽しく言語を学べる革命的な方法がここにあります。

Globify の創業者ケネス・ヤングは、英語と日本語のバイリンガルとして育ちました。しかし学校や家で日 本語を学んだ訳ではありません。彼は小さい頃から日本のテレビ番組を見ることで、努力することなく自然 に、目と耳を使って「生きた日本語」を学んだのです。

「努力は、何もしていないよ。テレビが面白いから、
ただ見ていたくて、日本語を覚えたんだ。」

続きを読む
VIEW

CLOSE
閉じる

1991年、国務省で外交官として勤務するようになった彼は、中国語を2年間集中的に学び、あることに気がつきました。中国のテレビ番組や映画を見て育った中国系アメリカ人の同僚のようには、中国語が流暢には話せないと…。彼らは皆、ケネスの堪能な日本語と同じような方法で中国語を学んでいたのです。

また、仕事や旅行で70ヶ国以上を訪れ、それぞれの土地で、英語圏で勉強したり住んだことがないにも関わらず、とても美しい英語を話す現地人に度々出会うことに気がつきました。興味深いことに、彼らは映 画やテレビ番組を観たり、音楽を聴いたりすることで英語が流暢になっていたのです。つまり、どのように実生活で使われているかを理解しているので、自信を持って使うことができるのです。

自身のトリリンガル学習経験と相まって、この気づきは彼にとても貴重なひらめきを与えました。

「エンターテイメントこそが、
効率的に言語を学ぶための秘密兵器だ。」

CEO Kenneth Young 彼はさらに、1997年に国務省​を退職した後、神経科学的学習技術を牽引するCeregoで働きながら、「最頻出の3,000英単語が 95%の会話や文章を構成している」という言語学者の研究を発見しました。この新しい科学的な見識から、語学力の習得は測定可能で明確な道筋であることが分かりました。しかし、課題は残ります。効率的に楽しみながら必要な語彙をマスターするには、どうしたらいいのでしょう?

2005年、YouTube上に無限に増え続ける、誰でも無料でアクセスできるエンターテイメントのコンテンツを見て、ケネスは言語学習の世界を変える鍵はYouTubeが握っていると考えました。

さらに、Wikipediaは、インターネット上に適切なコラボレーション・プラットフォームがあれば、深い知識を共有してくれるボランティアが豊富に存在することを示しました。
そして現在、莫大なユーザー数を誇るTikTokやInstagramの台頭により、革新的な短い動画に代表される、さらに魅力的なシステムが人々のメディアとの関わり方、創造性・消費動向に大きな変化を起こしています。

2022年以降、Globifyは世界中の学習者や教育者が英語学習のためにYouTubeの優れたエンターテイメント・コンテンツを発掘・共有することで、つねに改善されたリソースが提供されることを目指します。 楽しいコンテンツ、テンポを重視した短い動画とAIアルゴリズム、そして協調的なエコシステムの強みを活用することで、英語学習に改革を起こします。

Globifyのコミュニティ・アプローチは、ケネスがかの有名な人類学者マーガレット・ミードから得た深い洞察に基づいています。彼女はこう言いました。「少数の思慮深く熱心な人々が世の中を変えられることを、決して疑ってはなりません。実際、これこそが、これまで社会を変えてきた唯一の力なのです。」

英語に自信がないという理由で、個人的な楽しみやキャリアに気後れしなくて良い時代が、ついにやってきました。